お知らせ

JTA公認心理師賠償責任保険制度の開始

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(代表理事:長江 信和)と損害保険ジャパン日本興亜株式会社(取締役社長:西澤 敬二)は、国内初となる公認心理師向けの賠償責任保険制度を創設し、JTAの会員(公認心理師)向けに2019年4月から賠償責任保険の提供を開始します。 保険の詳細(ニュースリリース)については、こちらをご覧下さい。 被保険者は2019年度4月以降の準会員(公認心理師)、正会員(公認心理師)となります(臨時会員は除く)。全員加入型の保険のため、特別な手続きは不要です。準会員(公認心理師)、正会員(公認心理師)の皆様は、公認心理師100人力(会員制SNS)内のご案内をご覧下さい。 新入会を希望される方は、公認心理師とその受験者のための会員制SNS「公認心理師100人力」にお申し込み下さい。まずは臨時会員(無料会員)としてご参加いただけます。 被保険者となる準会員(公認心理師)等へのアップグレードは、公認心理師100人力のご案内を通じて行うことができます。

誤送メールのお詫びとお知らせ

2019年3月6日21:00、日本遠隔カウンセリング協会(JTA)2019年度臨時会員(公認心理師100人力会員)の皆様向けに、現任者講習会(JTA)京都講座3-07キャンセル待ちのご案内メールが誤送されました。ご案内メールには、会員情報が差し込まれておりましたが、会員ご本人宛以外に会員情報は送付しておりません。本来、現任者講習会(JTA)のキャンセル待ちの方々にお送りすべきところ、会員の皆様に無関係なメールが送信されましたこと、深くお詫び申し上げます。お申込者以外の会員は、当該のメールを破棄いただければ幸いに存じます。 また、今回のご案内メールに関しまして、日本心理研修センター様から情報提供を受けた事実もございません。このような事態を発生させたことにより、日本心理研修センター様へ多大なご迷惑とご心配をお掛け致しますことを、深くお詫び申し上げま す。 今後、このような事態が発生しないよう、再発防止のための体制を強化、徹底してまいります。 具体的には、情報管理のフローを見直し、新たな会員管理システムの導入を検討する等、情報の取扱いに関しての体制を強化してまいります。 本件に関するお問い合わせ: 公認心理師100人力 ご意見・ご相談フォーム JTA 苦情・相談窓口

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 Japanese Telecounseling Association.